メルディア高機能木材研究所 | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

お知らせ・コラム

メルディア高機能木材研究所

aicoです。

今回はメルディア高機能木材研究所について、ご案内いたします。

この研究所は北九州市立大学環境技術研究所と㈱三栄建築設計(メルディアグループ)との共同研究の拠点として、2020年1月に竣工いたしました。

低酸素建築物等の普及を目的とした研究所として新たな木質建材CLTを用いて建てられています。

Closs Laminated Timbarを略してCLTと称される新建材は木の板材を並行に並べてた層を板の目が互いに直行するように重ねた集成材です。

国内のCLTの中では一番薄く、一般の木造住宅よりも薄い壁となっています。

エネルギー消費量が非常に小さく、コンクリートや鉄に比べ小さなエネルギーで室内を温めることが可能です。

天井高8mの空間を薄い集成材を屏風状に配置して実現 写真:大森今日子

居心地のよい空間を実現

新たな建材にも挑戦しております。

ページ上部へ戻る