凍結注意!! | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

お知らせ・コラム

凍結注意!!

こんにちは~みちみちです。
寒い時期が続きますね~。
今回はそんなこともあり配管凍結について少し書きたいと思います。

新聞やニュースでも出ておりますが、給水配管に水が入っている状態で気温が下がってしまうと配管内の水が凍結してしまい凍結時の膨張により配管に亀裂が入ります。
そののち周りの温度上昇に伴い凍結がとけ亀裂から水漏れが発生します。

配管も経年劣化しますので、使用期間長ければ長いほどリスクを伴います。
当然給水管が寒い部分(外気)にさらされているところが危険です。
給湯器への給水管部分・外水栓への給水管部分・外部の蛇口部分・露出している給水管部分等が上げられます。

対応策としては気温が下がる夜から明け方に掛けてもったいないとは思いますが、
少し水を出しっぱなしにし水を流動させ凍結することを軽減する。
露出部分の配管・蛇口に保温の為家にある使わないタオル等で被服する。
などの対応がお勧めです。給湯器内部でも配管が凍結します。

凍結しますと故障の原因になりますので給湯器の電源を入れておく事もお勧めします。
(電源を入れておくことで給湯器の凍結を軽減することが出来ます)

新しいものでも可能性はありますので、気にしてみてもらえると防げるかもしれません。

←※寒い時期に留守にする時は給湯器の給水を止め水抜きをお勧めします。

月別ブログ

ページ上部へ戻る