高山の吉島家を観てきました。 | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

お知らせ・コラム

高山の吉島家を観てきました。

岐阜県高山市にある重要文化財「吉島家」を観てきました。弾丸旅行です。流石にすこし遠かったですが…。

立体格子状に梁を組むことで意匠性を高め、その美しさが重要文化財指定に至りました。

江戸時代からの町家の技術が明治中期の大工たちによって、高山町家の魅せる小屋組みを生み出しました。

大黒柱や牛梁(うしばり)と呼ばれる曲がった材の木組みは力強さと美しさを併せ持っています。

特に吉島家の架構(かこう)は整然と整った格子状になっており、近代町家建築の傑作に数えられます。

単なる民芸調に陥らない理由に、建具の美しさが挙げられると思います。

写真中央の腰高障子は牛梁から吊るされた鴨居に建てつけられています。

また中庭に面した広縁の先端には引き込み式のガラス建具が組み付けられていました。なんとも粋な納まりです。

都市部では防火上の制約からこのような大空間小屋組みは難しくなっていますが、こんな家に住み育った子供は何を感じてどんな人になるのかな、と考えさせられる家でした。

現在の当主は建築家の吉島忠男さんです。なるほどそうだよなぁと。(To#)

 

月別ブログ

ページ上部へ戻る