8.土台工事!木材搬入です | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりの流れ

8.土台工事!木材搬入です

 
いよいよ基礎工事が完了し、土台工事に入りました!マーク
 

【土台工事】

基礎工事が完了すると、木材を搬入し、いよいよ土台敷きという住宅の
骨組みとなる工程に進みます。
 
まず、コンクリートが固まった基礎に土台を乗せて固定します!マーク
その際にコンクリート基礎と木材の間に基礎パッキンという樹脂製品を
はさみ込んで床下の換気を促し、腐朽菌の発生やシロアリの被害を未然に
防ぐ工夫をしています。
 
RIMG1848.jpg(修正済)

 

 _MG_3759.jpg(修正済)

 

【基礎パッキン】

それは、床下と基礎の間に充分な換気がされていないと、土台などの
木材部分が湿気により腐食してしまうからなのです!マーク
そしてこの木材、基礎の上に乗っている部分が「土台」、空中に浮いた
状態の部分を「大引き」と呼びます。これら木材の上に、柱や床が
設置されていくんです指
 
 
 
床下施工!マーク
床下も隙間なく断熱材を敷き詰めます指

RIMG1852.jpg(修正済)

 
 
 RIMG1851(修正済)

 

その上に合板を貼ります!マーク
RIMG1854(修正済)

 

日々の工事の様子が毎日少しずつ形になって行きます!マーク
 
 

ページ上部へ戻る