2.建物の道しるべ  | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりの流れ

2.建物の道しるべ 

 
いよいよ工事が始まりました
 
何と言っても!住宅を支える基礎がまずは大切!!
基礎工事の工程を順次報告していきます (・∀・。)

 

【地縄(じなわ)】

①

建物が敷地に対してどのように建てられるのかを確認する工事です  🙂
敷地内の建物が立つ外周部分に、目立つ糸を張り、目で確認できるようにするもの。
なぜ地縄が必要かというと、実際に建物を建てる際に隣地との境界線の問題がとても
多いからなんです・・・
 
 

 

【遣り方(やりかた)】

②

土地に対する建物の位置、基礎の高さ(レベル)を杭、貫等で土地上に表す事です。
掘るスペースを考えて、基礎より一回り外側に組んでいきます。
この柵に水糸をはって工事を進めることになりますが、この柵を目印に基礎を
作っていくので、間違えたら大変です! 😉
 
 

ページ上部へ戻る