「もしかして、住宅購入資金が足りない?」と感じたときの対応策4つ | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

「もしかして、住宅購入資金が足りない?」と感じたときの対応策4つ

2019年11月8日カテゴリ:


「もしかして、住宅購入資金が足りない?」と感じたときの対応策4つ

住宅購入にあたって「資金面が気がかり」「資金が足りない!」という思いから購入をあきらめてしまう方もいると思います。しかし、工夫をすれば年収300万円台で住宅購入を実現することも不可能ではありません。

住宅購入にあたって資金を工面する方法はいくつかあるので、まずは対策法についてチェックしてみましょう。今回は、住宅購入資金が足りないときの対応策について詳しくご紹介いたします。

両親や祖父母に住宅購入資金の援助を頼む

住宅購入資金を補うためには、両親や祖父母に資金援助を頼むという方法が考えられます。

住宅ローンと違って金利がつかないのが資金援助の良さです。いずれ相続するのならば、生前贈与という形を取れば相続税対策にもなります。

子が住宅を購入するときの資金援助は、一定額までは贈与税が課税されないという特例があります。住宅購入資金の援助をしてもらうときには、贈与税非課税にするための条件を細かくチェックしておきましょう。

夫婦で収入を合算し、住宅購入ローンの増額をする

住宅ローンを夫または妻の収入のみで申し込んだ場合、想定していたよりも借入金額が低いという事態も考えられます。夫婦2人の収入を合算すると、住宅ローンの借入額を増やすことができます。

夫婦で住宅ローンを返済する場合には、2人とも住宅ローン控除の対象になるなど税制面で有利になることも多いもの。夫婦2人で働く予定ならば、収入合算による住宅ローンの増額を検討してみましょう。

資金が足りないときは親子リレー返済という手もある

親子リレー返済というのは、2世代にわたって住宅ローンを返済することをいいます。

住宅ローンの返済は年齢が高くなると組むのが難しくなりますが、親子リレー返済という形にすれば年齢に関わらずローンを組みやすくなるのです。また、返済期間が長くなるため住宅ローンの月々の返済金額を少なくできるというメリットもあります。

ただしこの制度を利用するとことは、住宅ローンという負債を子どもに引き継ぐことにほかなりません。ローンを組む前には親子間できちんと話し合いをしておくことが大切です。

住宅購入にあたって利用できるお得な制度とは?

住宅購入にあたっては、住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)を活用するのがおすすめです。住宅ローン減税とは、住宅ローンの12月末の残高の1%を所得税と住民税から直接控除することをいいます。

消費税率の引き上げにともなって、住宅購入予定者の負担を軽減するため設けられたすまい給付金についてもチェックしておきたいもの。この制度では、年収775万円以下の方を対象にして最大50万円が給付されるので、ぜひ利用しましょう。

「もしかして、住宅購入資金が足りない?」と感じたときの対応策4つ

両親からの贈与や親子リレー返済など、住宅購入の負担を和らげるための対策法はたくさんあるものです。

住宅購入資金の工面を工夫すれば、賃貸住宅よりもゆとりある生活を送れる可能性は高まります。資金面の不安があるからと住宅購入をあきらめるのではなく、まずはさまざまな対策法を検討してみましょう。

月別コラム

ページ上部へ戻る