デザイナーズハウスとはどのようなもの? メリットは? | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

デザイナーズハウスとはどのようなもの? メリットは?

2019年11月1日カテゴリ:


デザイナーズハウスとはどのようなもの? メリットは?

マイホームを購入しようと考えている方の中には、「デザイナーズハウスに興味がある」という方も多いのではないでしょうか。デザイナーズハウスは響きもカッコいいですし、実際完成しているものも、独自性の高いスタイリッシュなものが多いので、憧れますよね。

デザイナーズハウスにはデザイン性以外にもいろいろなメリットがあるものです。そこで今回は、デザイナーズハウスのメリットなどをご紹介します。

デザイナーズハウスとは

デザイナーズハウスとは、既存の設計をもとに家を建てるのではなく、新しく独自に考えられたデザインで建てられた家のことを指します。

一般的には、有名な建築家や設計事務所がデザインした家、というイメージがあるかもしれません。もちろん自分の好きなデザイナーにデザインを依頼することもできますが、自分自身でデザインすることも可能です。

デザイナーに依頼するにしても自分自身の理想を細かく伝えることができますので、「自分だけの理想の家」を手に入れることができます。

デザイナーズハウスのメリット

まずはデザイナーズハウスのメリットを見ていきましょう。

さまざまな土地の形状に対応できる

既にある程度の規格が存在する住宅を建てる場合、家の形にあった土地を用意する必要があります。そのため、狭小地や旗竿地など、形状が特殊な土地などの場合、家を建てられないという可能性があります。

しかし、デザイナーズハウスであれば、土地に合わせた設計をすることが可能です。その土地の形状に合ったデザインにすることができ、住み心地や使い勝手なども向上させることができます。

プロが監理してくれる

工事が設計通りに進んでいるかどうかチェックすることを「監理」というのですが、デザイナーズハウスをプロの建築家に依頼した場合、その建築家が現場に足を運んで監理してくれます。

素人目では見落としてしまうことや、理解できないことも、専門家がしっかりチェックしてくれるのも、デザイナーズハウスを建てるメリットのひとつでしょう。

コストが削減できることもある

既存の住宅を建てる場合、使われる資材や設備の変更ができないことが多いです(その資材や設備を用いることを前提に設計されていることがほとんどのため)。

しかし、デザイナーズハウスにはそもそも規格というものがありませんので、場合によっては「こちらの資材を使ったほうが安くなりますよ」「こちらの設備のほうが安くなりますよ」というように、コストカットできる提案をしてもらえることがあります。

デザイナーズハウスの注意点

メリットがたくさんあるデザイナーズハウスですが、注意しておきたい点もいくつかあります。

すべての希望が通るわけではない

デザイナーズハウスだからと言って、自分の希望がすべて通るわけではありません。

実用性の面や、設計上の都合などで、自分の希望が却下されることもあります。却下される場合は、デザイナーさんのほうに理由があるはずですので、しっかり確認して納得する説明をしてもらうようにしましょう。

時間がかかる

住宅のデザインをするわけですから、その分時間がかかります。完成まで半年から1年くらいかかることもあると認識しておきましょう。

もちろん、フォーコンセプトでもデザイナーズハウスを建築可能です。

デザイナーズハウスとはどのようなもの? メリットは?

時間や手間がよりかかりますが、自分だけの特別な住宅を建てられるデザイナーズハウス。これからマイホームを購入しようと考えている方は、ここで紹介したことを参考にして、デザイナーズハウスも検討してみてはいかがでしょうか。

月別コラム

ページ上部へ戻る