フラット屋根(陸屋根)のメリットと注意点 | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

フラット屋根(陸屋根)のメリットと注意点

2019年2月23日カテゴリ:


フラット屋根(陸屋根)のメリットと注意点

フラット屋根とは、屋根勾配のない平らな屋根のことを言います。陸屋根(りくやね・ろくやね)とも呼ばれます。

戸建の場合、切妻屋根など傾斜のある屋根が一般的ですので、住宅街にフラット屋根の家があると、そのスタイリッシュなデザインが一際目を引くものです。デザイン性だけではなく、フラット屋根ならではのメリットも多いですが、注意点もあります。

後悔しないために注意点もしっかりと押さえて検討しましょう。フラット屋根のメリット、注意点をご紹介します。

フラット屋根のメリット

モダンな外観デザイン

フラット屋根の魅力はそのデザイン性の高さにあります。水平の屋根がすっきりとした外観を生み出し、窓でアクセントを加えるシンプルなキューブ型の家は若い世代に人気です。切妻屋根などの傾斜のある屋根の家が多い中で、フラット屋根はモダンで個性的な雰囲気を表現してくれるでしょう。

屋上スペースの有効活用

フラット屋根は屋上スペースを自由に有効活用できる点も大きなメリットです。落下防止の手すりを設ける必要がありますが、洗濯物を干すのはもちろん、家族や仲間とのバーベキューや趣味を楽しむ場にもなります。敷地内に庭をつくれないような場合には特に重宝することでしょう。庭よりも日当たりが良い場合がほとんどなので、ガーデニングや家庭菜園にも向いています。また、太陽光パネルを設置することも可能です。フラット屋根の場合は、南に向けて設置することで一日中安定した太陽光を受けることができるので、傾斜のある屋根に比べて高い発電効率を維持することができます。

メンテナンスがしやすい

フラット屋根は屋根の傾斜がないため、メンテナンスが容易です。屋上に上がれるタイプのフラット屋根であれば、屋根や雨どいの掃除が日常的にできますし、異常を発見しやすくなります。専門業者に依頼する定期的メンテナンスにおいても、作業がしやすい上に足場を設ける必要がない場合もあるので作業時間とコストを少なくできます。

室内空間を広くできる

フラット屋根は天井が平面なので、傾斜のある屋根と比べると室内空間を広く確保することができます。傾斜のある屋根に比べて天井を高くすることができるので、圧迫感のない、開放的な室内空間をつくりだすことができるのです。

フラット屋根の注意点

夏は最上階が暑くなる

フラット屋根は屋根と天井の間に空間がないため、夏場の日差しによって天井面の温度が上昇しやすくなり、最上階が蒸し暑くなる場合があります。熱がこもらないようにするには、建物の材質、断熱材を工夫するのはもちろん、直射日光を防ぐために屋根面を緑地化したり、ウッドデッキにしたりすることも検討すると良いでしょう。

雨漏りへの対策をしっかりと

フラット屋根(陸屋根)のメリットと注意点

フラット屋根には通常、雨が降っても排水されるよう若干の勾配はついていますが、傾斜のある屋根に比べると水はけが悪いのは事実です。防水処理はしっかりと行わなければいけません。家を建てる際に防水処理を万全にしていても、経年劣化は防げませんので、定期的なメンテナンスを忘れずに行うようにしましょう。メンテナンスを怠ると、雨漏りのリスクが高まり、家の寿命を縮めることになります。

フラット屋根の注意点に対しては、事前に屋根の材質や防水処理について施工業者としっかり打ち合わせすること、定期的なメンテナンスを怠らないことによって十分カバーが可能です。スタイリッシュなデザインや屋上の有効活用について魅力を感じる方は、フラット屋根の住宅を検討されてはいかがでしょうか。

月別コラム

ページ上部へ戻る