建売住宅と注文住宅の違いは? それぞれのメリット・デメリット | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

建売住宅と注文住宅の違いは? それぞれのメリット・デメリット

2019年1月11日カテゴリ:


建売住宅と注文住宅の違いは? それぞれのメリット・デメリット

マイホームを建てる際に「建売住宅と注文住宅とどっちにしよう」と迷う方も多いと思います。

どちらにしても家が建つのだからと、何も考えずに建売住宅か注文住宅か選ぼうとしている方もいるかもしれませんが、建売住宅と注文住宅にはそれぞれ異なったメリット、デメリットを持っているものです。しっかり違いを理解してから、どちらにするか選ぶようにしましょう。

建売住宅と注文住宅の違いをご紹介します。

建売住宅

建売住宅とは、新築の家と土地をセットにして販売している住宅のことです。分譲住宅とも呼ばれ、既に完成した住宅が販売されているケースや、建築途中の住宅を販売するケースがあります。いずれにしても、既に間取りや設備の設計は済んでおり、買い手の希望を設計に反映させることはできません。

【建売住宅のメリット】

・実際の住宅を見てから買うかどうか決められる

既に完成している物件の場合、家の中を見学できるなど、住宅の雰囲気や居心地を肌で感じることができます。実際に見学したうえで住宅を選べるのは大きなメリットであると言えるでしょう。

・建築コストが安くなる

規格化された建物であることが多いので、建築コストが安くなりやすいです。費用を抑えたいのであれば建売住宅がおすすめです。

・短期間で入居できる

既に家が完成していれば、契約後すぐに入居できます。建築中であっても1~2か月程度の短期間で入居できることがほとんどです。

【建売住宅のデメリット】

・自分の希望を設計に反映できない

既に完成している場合はもちろんですが、建築途中であっても、自分の希望を設計に反映してもらうことは難しいです。業者によっては建築途中から間取りなどの変更に応じてくれることもありますが、その場合は別料金が発生します。

・似たような家が多い

建売住宅は規格化された住宅が多いので、自分の家と似たような外観や間取りの家が隣近所に建つことがあります。

注文住宅

建売住宅と注文住宅の違いは? それぞれのメリット・デメリット

注文住宅とは、間取りや建築工法、使う建材などから、すべて自分で決めて業者に依頼し建てるタイプの住宅です。すべて自分の希望通りにできるので、より理想に近いマイホームを建てられます。ただ、土地は別に購入しなくてはいけないので、費用が高くなる場合があります。

【注文住宅のメリット】

・自分の理想通りの住宅を建てられる

間取りや内装はもちろん、使う建材や工法、設置する設備などもすべて自分で選ぶことができます。より自分の理想を反映させられるのが注文住宅最大のメリットです。

・完成するまでチェックすることができる

建売住宅の場合は建築経過の一部始終をチェックすることはできません。注文住宅であれば着工から竣工まで建築の経過をすべてチェックしながら家を建てることができます。そのため安心して家の完成を待つことができるようになるのです。

【注文住宅のデメリット】

・完成後のイメージがわきづらい

間取り図などを見るだけでは、完成後の住宅のイメージがわきづらいものです。実際に建つまではどのような雰囲気であるか知ることができなのは、デメリットであると言えるでしょう。

・入居まで時間がかかる

設計から工事を経てからの入居となりますので、契約してから入居までかなりの時間(最低でも4~6か月)がかかってしまいます。

建売住宅と注文住宅にはそれぞれ異なったメリット、デメリットがあります。マイホームを建てようとしている方は、自分がどのような家を建てたいのか明確にしてから、建売住宅か注文住宅か選ぶようにしましょう。

月別コラム

ページ上部へ戻る