狭くても快適な暮らしは実現できる! 狭小住宅を建てるときのポイント | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

狭くても快適な暮らしは実現できる! 狭小住宅を建てるときのポイント

2018年12月28日カテゴリ: ,


狭くても快適な暮らしは実現できる! 狭小住宅を建てるときのポイント

狭小住宅というのは、都心部などの狭い土地に建てられた小さな住宅のことをいいます。その大きさに明確な定義はありませんが、一般的には15坪以下の土地に建てられているものを狭小住宅と呼びます。「土地が狭いと快適な家は建てられない」と考える方もいますが、狭小住宅は工夫次第で十分快適になるものです。そこで今回の記事では、狭小住宅の建設時のポイントや注意点について解説していきます。

狭小住宅を建てるメリットとは?

「狭小」というとネガティブに聞こえますが、実は狭小住宅にはいくつものメリットが存在します。狭小住宅の最も大きなメリットは、やはり狭い分コストが安く済むことでしょう。土地代や建物代だけでなく、土地の大きさに応じて金額がアップする建築申請の費用や登記費用、固定資産税や都市計画税なども高額になりにくいのです。狭小住宅ならば、さまざまな費用を節約しながら憧れの街に戸建てが建てられます。都心に近いぶん通勤や通学の利便性もアップするため、快適な暮らしが望めることでしょう。

狭小住宅を建設するときのポイント

狭小住宅を注文するときには、狭い空間をフル活用する設計が必要不可欠です。狭小住宅の設計や建設のノウハウがあるハウスメーカーに相談し、空間の活用法のアドバイスを受けながら理想的な住宅作りを進めていきましょう。狭小住宅の場合、平屋や2階建てではかなり狭く感じられるものです。できれば3階建て住宅にし、ある程度の広さを確保したいですね。間取りは扉で区切らず、中2階や中3階といったスキップフロアを設ければ広々とした空間になります。1階の半分をガレージにしたり、地下1階を作ったりするのもおすすめですよ。狭小住宅を建てるのなら収納スペースにもこだわりましょう。階段下や屋根裏などに収納スペースがあれば、荷物が増えたときにも安心といえます。

狭小住宅を建てるときに気をつけたいこと

狭くても快適な暮らしは実現できる! 狭小住宅を建てるときのポイント

狭小住宅は、隣家との距離が近いことがほとんどです。中には家と家の間にほとんど隙間がないというケースもあります。隣家が近い場合には、隣家の生活音が気になったり、自分たちの生活音が丸聞こえになっていないか不安になったりすることもあるものです。快適に暮らすためには、住宅を建てる際に防音性能を高めておくことが大切です。また、隣家が近いと火事や積雪などで問題が発生したときに隣家を巻き込むトラブルに発展することもあります。万一のトラブルを防ぐためには、防火性の高い素材を使ったり隣家との間にある程度の隙間を作って家を建てたりという工夫が有効です。

狭小住宅を建てるときには、快適に暮らせるよう空間を有効活用したいですね。設計の段階で納得行くまでハウスメーカーと相談を重ねることが、住みやすい住宅を建てるためのポイントといえます。土地が狭小でも気持ちよく暮らせる住宅を建てることは十分可能なので、さまざまな工夫をこらして理想的な住宅を作ってみてくださいね。

月別コラム

ページ上部へ戻る