住宅購入の際に受ける重要事項説明とは | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

住宅購入の際に受ける重要事項説明とは

2018年11月30日カテゴリ:


住宅購入の際に受ける重要事項説明とは

住宅を購入する際には、「重要事項説明」というものが行われます。

これは法律で定められたもので、不動産会社が契約前に必ず行わなくてはいけないものです。取引条件の細かな情報についての説明がされるもので、契約をするかしないかの大切な判断基準にもなるものです。

ここでは、重要事項説明とはどのようなものか、また、説明を聞くときのポイントなどをご紹介します。

重要事項説明とは

「重要事項説明」とは、不動産の状態や契約内容についての詳しい説明のことです。宅地建物取引業法で、不動産の売買、賃貸契約前に不動産会社は必ず行うよう義務付けられています。重要事項説明は宅地建物取引士の資格を持っている人間が、内容を記載した書類を記名押印したうえで購入予定者に交付して、口頭で行わなくてはいけません。

内容は専門的なものを含みますが、不動産売買契約をするかしないかの最終判断の材料になるものですので、しっかり耳を傾けるようにしましょう。仮に重要事項説明の内容が事前に聞いていたものと違うなどして納得できない場合は、契約を見送ることも可能です。

重要事項説明で説明されることとは

重要事項説明で説明されることは、大きく分けて「物件についての情報」と「取引条件に関する情報」の2つです。細かな項目は以下のようになります。

    1. 物件についての情報

物件の特定、権利関係(抵当権など)は整理されているかなどの確認

    1. 法令上の情報

土地の利用制限、どのような建物が建つと予定されているか、発生する負担費用

    1. インフラ整備について

水道がどのように整備されているか、私道など特別な負担について

    1. その他の制限などについて

日影制限、高さ制限など、建物に関するその他の制限について

    1. マンションの場合について

権利について、マンションの管理ルールについて

    1. 契約条件について

契約内容がどのようなものになっているか

    1. その他

その他の確認事項について説明

重要事項説明を受ける前に準備しておきたいこととは

住宅購入の際に受ける重要事項説明とは

重要事項説明で説明される内容は専門的なときがあります。
そのため突然説明されて、すぐに内容のすべてを理解できることは少ないかもしれません。
とはいえ分からないことをそのまま分からないまま終わらせるのは危険です。事前に重要事項説明書(説明時に交付される書類)のコピーを貰い、自分でじっくり読んでおくようにしてください。

その中で分からない部分や気になる点は印をつけておくなどし、説明時により詳しい説明を求めるようにしましょう。

重要事項説明は契約前に聞ける物件や契約内容についての最後の説明の場です。ここで説明されたことを理解しないまま契約してしまうと、あとあと大きなトラブルが発生してしまうこともあります。不動産を購入予定という方は、ここで紹介したことを参考にして重要事項説明に備え、聞き漏らしがないよう気をつけるようにしてください。

月別コラム

ページ上部へ戻る