注文住宅で叶える! 家族の一員である愛犬と暮らす家づくりのポイント | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

注文住宅で叶える! 家族の一員である愛犬と暮らす家づくりのポイント

2018年8月19日カテゴリ:


注文住宅で叶える! 家族の一員である愛犬と暮らす家づくりのポイント

近年では、家族の一員である愛犬と屋内で一緒に暮らすというライフスタイルも当たり前のものとなりました。
愛犬とハッピーな毎日を楽しむのなら、犬の習性や好みに合わせた設備を室内に整えてあげることが大切です。

この記事では、愛犬と暮らす家を注文住宅で建てるときに取り入れたいアイディアについて紹介します。

犬と暮らす家は「床材」にこだわりたい

犬と暮らす家を注文住宅で作るのならば、床の材質にこだわりましょう。新築のフローリングは多くの犬にとって滑りやすいものなので、足腰に負担がかかってしまうこともあります。

かといって、犬が歩きやすいようにとじゅうたんを敷くと、汚れや匂いが気になってしまいますよね。
犬の健康と床材のお手入れのしやすさを両立するのなら、ビニールクッションやリノリウムの床を選ぶのがおすすめです。また、柔らかい質感のスギを使ったフローリングを採用し、滑り止めコーティングをするという方法もあります。

愛犬が運動できる環境を整えるポイント

愛犬の健康を考えれば、日々の暮らしで適度に運動ができる環境は必要不可欠です。犬がストレスを溜めないよう、室内には自由に動き回れる回遊動線を上手に作ってみましょう。
お散歩のあとにスムーズに室内に入れるよう、玄関に犬専用の足洗い場を作りつけると便利です。玄関土間には愛犬グッズをまとめておける収納スペースを作っておけば、サッとお散歩に出ることができますよ。
庭を広く取ってドッグランを作れば、愛犬にとってお気に入りの運動スペースになることまちがいなし。庭先にデッキを作りドッグカフェのように設備を整えれば、犬の散歩をする仲間が集まってコミュニケーションを楽しむこともできます。

安全性や壁材の保護にも気を配りたい

小型犬や足の短い犬種は、大きな段差があるとケガをしてしまうこともあります。
犬専用のスロープを作るなど段差を極力無くしたバリアフリーの家を作るとよいですね。ウロウロされると危険なキッチンやバスルームなどには、犬が入れないようゲートを作るなどの工夫をしてみましょう。
犬は壁をかじったり引っ掻いたりしてしまうこともあるので、耐摩耗性能の高い壁紙や、人間の腰の高さまである木製の壁を張っておけば安心です。

愛犬がリラックスできる家づくりとは

愛犬がリラックスできる家づくりとは

室内には、愛犬がリラックスできるような居場所を作ってあげたいものですね。とはいえ、犬は独立したスペースを作ると寂しがってストレスを溜めてしまうことも多いもの。

犬専用スペースからリビングルームや庭先へと続くような動線があれば、気分に合わせて自由に動き回ることができます。外を眺めるのが好きな犬なら、犬の目線の高さに合わせた窓を作っておくとよいでしょう。

近年、犬とともに暮らすというライフスタイルに合わせて、注文住宅を建てるという方が増えています。さまざまなアイディアを取り入れ、愛犬と快適に共生する理想の住まいを叶えてみてくださいね。

月別コラム

ページ上部へ戻る