シーリングファンを導入してオシャレで省エネな住宅に | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

シーリングファンを導入してオシャレで省エネな住宅に

2018年7月29日カテゴリ:


シーリングファン01

レストランやホテルなどに導入されているシーリングファン。室内の雰囲気をどこかオシャレにしてくれるだけではなく、省エネにも効果がある、といった実用面でのメリットもあるものです。

そんなシーリングファンが、最近では一般住宅にも広く普及しています。何かとメリットの多いシーリングファンを住宅に設置して、オシャレと省エネを手に入れてみてはいかがでしょうか。シーリングファンの持つメリットをご紹介します。

シーリングファンのメリット

メリット① オシャレな雰囲気を演出

シーリングファンはお部屋のインテリアとして活用することができます。天井に設置するだけですので、部屋のスペースをとることはありませんし、ある程度の天井の高さがあれば充分に設置可能です。

自宅のリビングルームがオシャレなホテルやレストランのような雰囲気になり、お部屋の中を華やかにさせることができますよ。

メリット② エアコンの効果を高める

シーリングファンは「天井扇風機」と直訳することができ、稼働させることで部屋全体の空気を動かすことができます。

部屋の空気が動くことで、夏はエアコンの冷気を部屋全体に行きわたらせ、冬場は暖気を部屋中に広げてくれるのです。結果、エアコンの温度設定を極端に低くしたり高くしたりする必要がなくなり、省エネにつながります。

メリット③ 部屋干し洗濯の乾燥を早める

天気が悪い日などは、どうしても洗濯物を部屋の中に干さなくてはいけなくなります。しかし、部屋干しすると、生乾きになって服が臭ったり、乾くのが遅くていつまでも部屋の中に洗濯物がかかっていたりという問題が発生しがちです。

シーリングファンを設置し部屋の中の空気を動かすことで、部屋干しする洗濯物の乾燥を早めることができます。室内乾燥機などといったものもあり、当然乾燥機である以上そちらのほうが乾燥にかかる時間は短いですが、電気代がかかるというデメリットがあります。シーリングファンはかかる電気代も比較的安く、より省エネで部屋干しが可能です。

シーリングファンを導入するなら知っておきたい注意点

シーリングファン02

メリットがいろいろとあるシーリングファンですが、導入するのであれば知っておきたい注意点もあります。

・ある程度の天井の高さが必要

シーリングファンは天井からぶら下がった形で設置されることになります。ある程度の天井高が必要ですので、設置する際は業者に相談しながら、適当な高さの天井高を確保しましょう。

・掃除が大変

高い天井に設置することになりますから、シーリングファンは掃除が大変です。またファンの上にホコリがたまりやすいので、定期的に掃除し、大量のホコリがたまらないようにする必要があります。

シーリングファンは見た目がオシャレであると同時に、省エネにもなるという実用性も兼ねたものです。これから住宅を建てようと考えている方は、ここで紹介した注意点なども参考にしてシーリングファンの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

月別コラム

ページ上部へ戻る