注文住宅を建てるなら知っておきたい!外壁材の種類 | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

注文住宅を建てるなら知っておきたい!外壁材の種類

2018年6月15日カテゴリ:


注文住宅を建てるなら知っておきたい!外壁材の種類

注文住宅を建てるのであれば、外観についてもこだわりたいものですよね。外観にこだわるのであれば、外観の印象を左右する外壁材選びについてもしっかり検討しなくてはいけません。

一言で外壁材と言っても、さまざまな種類があります。理想とする外観を作るためには、外壁材の種類を把握して、それぞれの特徴を押さえるようにしましょう。

外壁材の種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。

サイディング

近年人気が高まりつつある外壁材が、サイディングです。外壁を「貼る」ことで壁の仕上げをする外壁材の総称です。サイディングには窯業系と金属系の2種類があります。

【窯業系サイディング】

セメント質や繊維質を主な原料として作るのが窯業系サイディングです。セメントなどの原料を窯で圧力をかけながら熱して形成します。
型や塗装を使い分けることで、タイル風にしたり、レンガ調にしたりとさまざまな雰囲気のデザインの外壁に仕上げることができます。断熱性や耐久性、防音性などに優れているというのもメリットです。

【金属系サイディング】

アルミやスチールを原料にしたサイディングです。原料が比較的軽いので、建物への負担が少ない、また地震の際に揺れにくい、といった特徴を持っています。
木調、タイル調など、さまざまなデザインをプリントすることが可能です。

モルタル

一般住宅の外壁材として最も一般的であると言われているのがモルタルです。
砂と水、そしてセメントなどを調合して製造される外壁材になります。ラスと呼ばれる網状の金網の上に、職人が塗装や吹き付けをして外壁を仕上げることになり、外壁の完成度は職人の腕や経験に左右されるというのが特徴として挙げられるでしょう。

もともと火事の延焼を防ぐために作られた外壁材で、耐火性に優れているというのがメリットです。

ALC

注文住宅を建てるなら知っておきたい!外壁材の種類

軽量気泡コンクリートと呼ばれる外壁材が、ALC(autoclaved light weight concrete)です。

鉄筋と気泡が中に含まれているため、一般的なコンクリートよりも軽いというのが特徴になります。
軽量ではありますが、コンクリートが持つメリットはしっかり持っており、耐火性に優れています。また、気泡は熱や音の出入りを防ぐ効果があり、断熱性、遮音性に優れているなど、一般的なコンクリートが持つ、重たい、断熱性・遮音性が低いという欠点を解消している外壁材であると考えていいでしょう。

ただし、機能性が優れている分、サイディングやモルタルと比較して費用が高いというデメリットがあります。

外壁材の種類は様々ありますが、どれもそれぞれ特徴を持っており、一長一短あります。注文住宅の外壁についてこだわりたいという方は、ここで紹介したことを参考にして、外壁材についてもしっかり検討することをおすすめします。

月別コラム

ページ上部へ戻る