無垢フローリングの魅力と注意点とは? | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

無垢フローリングの魅力と注意点とは?

2018年3月26日カテゴリ: ,


無垢フローリングの魅力と注意点とは?

一般的なフローリング(合板フローリング)には、複数の木材をつなぎ合わせた集成材というものが使われています。そんな中、そのような木の継ぎ足しがない、無垢フローリングが近年人気を集めているのをご存知でしょうか。無垢フローリングには、合板フローリングにはない魅力がたくさんあるのです。
ここでは、無垢フローリングが持つ魅力と、知っておきたい注意点についてご紹介します。

無垢フローリングの魅力

無垢フローリングには、無垢の木材が使用されており、コーティングや他の木材の継ぎ足しなどがありません。そのため、無垢の木材ならではの良さを充分に味わうことができます。

・断熱性に優れている

木材はコンクリートよりも断熱性があるといわれています。無垢の木材を利用している無垢フローリングにすることで、室内の温度をよりキープしやすくなるでしょう。夏場は涼しく、冬場はぬくもりを感じられる空間を生み出すことができます。

・調湿効果がある

木は伐採された後も呼吸を続けており、湿気が多いときは湿気を吸いこみ、乾燥しているときには内部の水分を水蒸気をとして吐き出してくれます。コーティングがされている合板フローリングでは実現できない調湿効果を期待できることも、無垢フローリングのメリットのひとつです。

・リラックス効果がある

森林浴という言葉ありますが、これは樹木が出している芳香成分を受けることで自律神経を安定させ、心身をリラックスさせることが目的です。無垢フローリングからは、そのような森林浴と同じリラックス効果が期待できます。

・時が経つとともに味わいが出る

合板フローリングの場合、ワックスをかけたり、コーティングをし直したりしないと、どんどん見栄えが悪くなっていきます。劣化をそのままにしておくと汚らしくなってしまうので、定期的なメンテナンスが必要です。
一方無垢フローリングは、もともとコーティングなどがされておらず、ワックスがけのような手間がありません。また、無垢の木材は時間の経過とともにアンティーク品のような味わいが出てきます。時間が経てば経つほど魅力が増すというのも、無垢フローリングのメリットでしょう。

無垢フローリングの注意点

無垢フローリングの魅力と注意点とは?

魅力に溢れた無垢フローリングですが、取り入れるのであれば知っておきたい注意点も何点かあります。

・ヒビが入りやすい

無垢の木材の内部には少なからず水分が含まれています。その水分が時間をかけて乾燥することで、ヒビや曲がりといった、形状の変化をもたらしてしまうのです。無垢フローリングを取り入れる際は、使用されている木材の乾燥がしっかりなされているか確認するようにしましょう。

・傷が付きやすい

無垢フローリングはコーティングがされていないため、外部からの衝撃をもろに受けてしまい、表面に傷がつきやすいので注意が必要です。物を落としたり、重たい家具を移動させたりするだけで傷がついてしまうこともあるので、荷物の持ち運びなどの際は慎重に行いましょう。

魅力にあふれた無垢フローリング。導入することでより快適な住宅を作ることができるようになるでしょう。しかし魅力が多い一方で、注意しておきたい欠点もありますので、施工業者としっかり相談、検討したうえで取り入れるようにしてください。

月別コラム

ページ上部へ戻る