賃貸と持ち家、どっちがお得? それぞれのメリット・デメリット | forconcept - フォーコンセプト朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

賃貸と持ち家、どっちがお得? それぞれのメリット・デメリット

2020年8月21日カテゴリ:


 

住まいを考えるときに気になるのが「賃貸と持ち家、どちらのほうが得なの?」という点ですよね。
実際のところ、賃貸派と持ち家派の間では意見が分かれることも珍しくなく、人生を左右する重要なテーマともいえます。そこで今回は「賃貸と持ち家のメリット&デメリット」をご紹介します。

 

賃貸のメリット&デメリットは?

賃貸住宅には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。順に確認していきましょう。

賃貸のメリット

賃貸住宅(マンション、一軒家など)のメリットは、身軽なため引っ越しが容易にできる点です。家を借りているだけなので、気に入らなければ気軽に次の家を探すことができます。
また、築浅物件に入居し、古くなってきたらまた新しい賃貸物件に引っ越せば、常に最新設備の家に住むことも可能です。

賃貸のデメリット

デメリットは、賃料を払って「借りている」状態ですので、資産として残らないことでしょう。
他人が所有している物件であり、ずっと賃料を払い続けても自分のものにはなりません。
老後も同じ賃料を払い続けていかないと住めないなど、コスト面で見れば持ち家より高額になるケースも多いでしょう。
それから、部屋のリフォームも賃貸の場合は難しいのがネックです。そのため、完全に自分好みの家に作り替えることはできず、建物や間取りの条件に依存した形で暮らしていくことになります。

持ち家のメリット&デメリットは?

注文住宅や分譲住宅などを購入し、持ち家とした場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか? デメリットとともに見ていきましょう。

持ち家のメリット

持ち家のメリットは、自分好みの家にカスタマイズできることが第一に挙げられます。
注文住宅の場合は間取りや内装、設備から外装・外構までこだわることもできますし、賃貸住宅では実現できないようなオリジナリティのある家をつくることも可能です。

また、住宅を購入するため、手元に資産として残るのも持ち家のメリットです。ローンを支払い終わったあとは固定資産税や修繕費さえ用意すれば、月々の支払額を気にする必要もなくなります。特に老後に収入が減った場合でも安心して住み続けることができるのは、かなりのメリットだといえるでしょう。

その他には、持ち家の住宅ローンで加入する「団体信用生命保険」が挙げられます。これは住宅ローンの支払期間中に万が一のことがあった場合、支払いをカバーしてくれるというもの。こちらも、賃貸にはないメリットです。

持ち家のデメリット

持ち家のデメリットは、近隣トラブルがあった場合でも、賃貸のように気軽に引っ越すことができないという点です。これを防ぐには事前に住宅購入予定地域の情報を収集しておく必要があります。

また、よくいわれるデメリットとして「資産価値が数十年で無くなる」という点も挙げられるでしょう。一般的に戸建ての場合は25~30年で、マンションの場合は45~50年ほどで資産価値はなくなるといわれています。 ただしこれは税制上の価値であり、需要さえあれば買い手はつきます。
また、省エネ設計であったりメンテナンスを適切におこなったりすれば、建物そのものの価値を損ないにくくなるとも考えられるでしょう。

賃貸か持ち家かはライフスタイルに合わせて選ぼう!

賃貸は気軽に引っ越せて身軽というメリットがあります。いっぽう持ち家は、資産として残るうえ、新築の場合なら減税等で賃貸よりも生涯コストが低くなる場合も少なくありません。引っ越しの予定がないなどであれば、持ち家はおすすめです。
どちらがよいかはライフスタイルによっても変わりますので、両方を比較検討して決めるとよいでしょう。もし不明点がある場合は、住宅のプロでもあるフォーコンセプトにご相談ください。

 

月別コラム

ページ上部へ戻る