不動産売買取引の際に提出する買付証明書とは? | forconcept - フォーコンセプト朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

不動産売買取引の際に提出する買付証明書とは?

2020年8月14日カテゴリ:


 

住宅等の不動産物件購入時には「買付証明書」を提出します。そもそも買付証明書とは、どのような効果を持つ書類なのでしょうか? 今回の記事では、買付証明書の概要についてご説明するとともに、提出するメリットについてもご紹介します。

 

買付証明書とはどのようなもの?

買付証明書は、いわば「物件購入の予約申込書」ともいえる書類です。
内覧した物件が気に入った場合に、売主または仲介業者(不動産会社)に購入の意思を伝えるために提出をします。
買付証明書には決まった書式はありませんが、仲介業者を通じた購入の場合はひな形が用意されていることが多いです。以下は一般的な買付証明書の内容ですので、参考にしてみて下さい。

・年収
・物件の購入予定金額
・手付金の額
・契約予定日
・引き渡し予定日
・住宅ローンを利用するかどうか(利用する場合は依頼先や借入額、融資特約)
・買付証明書の有効期限

買付証明書に法的効力はある?

「買付証明書を提出すると、必ず物件を購入しなければならないの?」と思われている方もいますが、実は買付証明書そのものに法的な効力はありません。仮に購入を辞めるとなっても、ペナルティはありませんし、罰金なども発生しないのです。

ただし、買付証明書を渡したあと、売買の準備段階で一方的に契約を拒否した場合は事情が変わってきます。
もしこのとき相手側(売主や仲介業者)に損害を与えた場合は、損害賠償責任を問われてしまう可能性もゼロではありません。
そのため、買付証明書は「本当に購入したい」と思える物件にのみ提出することが重要です。

 

買付証明書を提出するメリットは?

買付証明書は物件購入の意思を示すうえで重要なものです。
事実、提出することで購入側・売主側の両方にメリットがあります。

価格交渉に応じてもらえることがある

物件にもよりますが、買付証明書を提出することで値引き交渉に応じてもらえる場合があります。
売主側からすれば、買付証明書を提出してくれた人は「真摯な姿勢で購入に臨んでくれる人」です。
そのため、売主も「購入者の希望額に近い値段で売ってあげよう」と値下げをしてくれる場合があるのです。
人気物件であれば難しいかもしれませんが、ずっと売れずに抱えている物件であれば、価格交渉もしやすいでしょう。

誰が先に購入の意志を示したのか、順番を売主が把握しやすい

物件を購入するときには、買付証明書を提出した順に優先順位をつけられるのが一般的です。
年収や支払い方法などによっては序列が変わる場合もありますが、同じ購入条件下であれば早く提出した人ほど有利になると考えてよいでしょう。
また、売主側から見ても「誰が1番に購入を名乗り出たのか」が分かるため、購入時のトラブル防止になります。

仲介業者との信頼関係が結ばれる

共に物件を内覧して「この物件が欲しい!」と思っていても、頭の中で思っているだけでは熱意が伝わりにくいものです。しかし買付証明書を提出した場合、仲介業者への「真剣に購入を検討している」というアピールになります。
仲介業者から見れば、購入の意志が固いお客様は大事な存在です。もし買付証明書を提出した物件がダメだったとしても、次にまた良い物件を紹介してくれる可能性が高くなるでしょう。

不動産売買取引では、買付証明書で購入の意思を伝えよう!

買付証明書は法的効力こそないものの、不動産を購入する際に重要な役割を果たすものです。
実際のところ、人気の物件となると買付証明書の提出順で購入できるかどうかが変わる場合も多いのです。
「これだ!」という物件に巡り合ったら、ぜひフォーコンセプトにご相談ください。

 

月別コラム

ページ上部へ戻る