2階に浴室を設置するメリットについて解説! 注意点も知っておこう | forconcept - フォーコンセプト朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

2階に浴室を設置するメリットについて解説! 注意点も知っておこう

2020年7月17日カテゴリ: , ,


 

注文住宅の浴室の位置というと、1階に設置しようと考える方が多いと思います。しかし中には「2階にお風呂があれば便利かも」と考える方もいることでしょう。また、間取りの都合上2階に浴室を設置せざるをえないケースもあるものです。
実は、2階に浴室を設置することにはいくつものメリットがあります。ここでは、浴室を2階に設けるときに知っておきたいポイントをご紹介いたします。

 

2階に浴室を設けるメリット3つ

かつては住宅の2階に浴室用の配管を設置すると水圧が弱くなる上、水漏れなどのリスクも考えられるため、浴室は1階に設けるのが一般的でした。しかし近年ではシステムバスの性能が飛躍的にアップし、こういった心配はほぼなくなっています。
それどころか、2階に浴室を作ることにはいくつものメリットがあるのです。

メリット1. 1階を広々と使える

浴室を2階にすれば、その分1階が広くなります。1階を広々としたリビングルームや客間にしたり、収納スペースを設けたりと有効活用できますよ。
1階はお客様が来訪したときに初めに見られる場所です。浴室が2階にあれば1階に生活感が出ないので、気兼ねなくお客様を招待できますね。

メリット2. 浴室の窓を開けても安心

浴室を使ったあとには窓を開けて乾燥させたいもの。しかし、隣家との距離が近い場合、窓を開けると浴室内が見えてしまうことがあります。また、隣家と離れていても1階の窓を開けるのは防犯上の不安がありますよね。
浴室が2階であれば、プライバシーや防犯上の心配を減らすことが可能です。また、窓を開けたときの通気性がよくなるというメリットもありますよ。

メリット3. 使いやすい生活動線になる

浴室とともに、洗面所や洗濯スペースも2階に設置するのがおすすめです。洗濯機が2階にあれば、洗濯物をバルコニーに運ぶのが楽になります。
子どもがいる家庭では1日に何度も洗濯をすることもあり、そのたびに階段を上り下りするのはかなり大変です。便利な生活動線にするためにも、水回りを2階にまとめてみましょう。

 

浴室を2階に設置するときの注意点は?

浴室を2階に設置するにあたって、水圧が弱くならないかと気になる方もいると思います。しかし、近年のシステムは2階であっても1階と同じような水圧を得られるのであまり心配はいりません。それでも水圧が気になる場合には高圧給湯器の導入を検討してみましょう。
また、2階の浴室は、1階の浴室に比べて施工費が高くなる傾向にあります。オプション工事になるケースもあるので、フォーコンセプトの営業や建築士にご相談ください。

 

近年では、2階に浴室を設置する方が増加しています。2階の浴室はかなり便利に使えますし、1階のスペースが広くなるという嬉しいメリットもありますよ。
「バスルームの位置は1階」という固定観念にとらわれず、注文住宅を建てるにあたってはさまざまな間取りを検討してみましょう。

 

月別コラム

ページ上部へ戻る