しっかり押さえておこう! 分譲住宅と注文住宅の違い | forconcept - フォーコンセプト朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

しっかり押さえておこう! 分譲住宅と注文住宅の違い

2020年2月14日カテゴリ: , ,


しっかり押さえておこう! 分譲住宅と注文住宅の違い

皆さんは「分譲住宅」と「注文住宅」の違いをご存知ですか?

 

マイホームの購入を検討している方の中には、分譲住宅と注文住宅のどちらがいいのか、悩む方も少なくありません。

そこで今回は分譲住宅・注文住宅それぞれの特徴やメリットをご紹介します。記事を参考に、どちらがよいのかご家族で検討してみてくださいね。

 

分譲住宅の特徴やメリットとは?

分譲住宅(建売住宅)は不動産業者によって購入済みである土地と、住宅がセット販売されている住宅のことです。

間取りや設備は基本的に固定となるものの、販売時点で住宅が完成し、設備も全て整った状態で引き渡しがおこなわれるため、購入から短期間で入居することができます。

 

 

分譲住宅は売りに出された時点ですでに完成後のため、建設中の様子を見ることが難しいというデメリットもあります。

その反面、中を見学する際には「家族が生活している姿」をイメージしやすいのは分譲住宅ならではのメリットでしょう。

 

 

また、注文住宅に比べると価格が比較的安いため、住宅購入費用を抑えたい方や、後々リノベーションやリフォームを想定して家を購入したい方にもおすすめです。

 

ちなみに近年では、家事動線を考慮してスムーズに家事がこなせる設計の家や、高機能な設備が整っている物件も多数あります。

価格を抑えながら機能面や暮らしやすさにもこだわりたい方は、こうした“こだわりの分譲住宅”を探してみるのもよいでしょう。

 

注文住宅の特徴やメリットとは?

注文住宅は所有している土地、もしくは購入した土地に注文して建てる家のことです。

 

注文住宅の最大のメリットは、設計・間取り・設備、内装や外装、外構など、自分たちの要望を盛り込んだ家づくりができる点です。

例えば「床材を無垢の木にしたい」「外壁はタイル張りにしたい」など、素材から選ぶことでより理想に近い家が手に入ります。

分譲住宅と比べるとどうしても費用は高くなりがちですが、設計やデザインの段階から家づくりに携わることができるので、こだわりの家が建てられるでしょう。

 

注文住宅のデメリットは、打ち合わせや工事等を合わせると、どうしても入居までに時間がかかることです。

しかしその反面、設計の段階から好みの家づくりができたり、工事中の様子を確認できたりといった点は、大きなメリットだといえます。

「土地探しから納得のいく家づくりがしたい」「自分たちの家がどのように作られているのか見てみたい」という方には、分譲住宅よりも注文住宅のほうが向いているでしょう。

 

分譲住宅・注文住宅の違いを理解したうえで選ぼう!

分譲住宅・注文住宅の違いを理解したうえで選ぼう!

分譲住宅と注文住宅のどちらがよいかは、予算やこだわり、優先させたい条件などによって異なります。

特に小学校へ進学予定のお子さんがいらっしゃる場合は、学区を考慮した土地探しも含め、検討する必要があるでしょう。

まずはご家族で「家づくりで譲れないこと、優先させたいもの」をしっかりと考えてから、分譲か注文かを検討していくといいですね。

 

月別コラム

ページ上部へ戻る