話題の「都市型住宅」とはどんなもの? 建てる際のポイントをチェック | forconcept - フォーコンセプト朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

話題の「都市型住宅」とはどんなもの? 建てる際のポイントをチェック

2020年1月10日カテゴリ:


話題の「都市型住宅」とはどんなもの? 建てる際のポイントをチェック

利便性の高い都市部に注文住宅を建てたいと考える方は多いと思います。

しかし、都市部はどうしても土地の価格が高くなりがちですし、狭小地や変形地に住まいを作らなければならないケースもあります。そのため「都市部で理想の家を建てるのは難しい」と諦めている方もいるかもしれません。

しかし、スペースが限られていることを逆手に取れば、過ごしやすい住宅を作ることも可能です。ここでは、都市型住宅とはどのようなものか、また都市部に住宅を建てる際のポイントについてご紹介いたします。

都市型住宅とはどのようなもの?

都市部は交通機関が発達しており、便利に生活できるという利点があります。その一方で、住宅を建てるにあたっては十分な敷地を確保できないことが多い上、価格も郊外や田舎に比べれば高くなるものです。

都市型住宅というのは、都市部にありがちな土地の狭さや変形地、住宅の密集といった事情を考慮して建てられる住宅のことを指します。

都市型住宅を建てるときのポイント

注文住宅というと、広めのLDKを中心とした住まいや、リビングから広々とした庭に出られる開放的な空間といったイメージを思い描く方もいると思います。

しかし、都市型住宅は敷地を広く確保できないことが多いため、思い通りの間取りを実現するのはかなり難しいのです。

一般的な注文住宅は「リビングは12畳以上、子供部屋は6畳」といった間取りで考えるもの。しかし、都市型住宅はこういった間取りとは考え方を分ける必要があります。間取りにとらわれず空間を無駄なく活用することが、狭小地や変形地に住宅を建てるときのポイントです。

都市型住宅は空間を有効利用することが大切

限られたスペースの中で作る狭小住宅には、動線が短くなり効率的に動けるというメリットがあります。

動線を意識した家を作るためには、キッチンやバスルームなどの水回りを隣接させる、1階にキッチンを配置して荷物の持ち運びを楽にするといった工夫が有効です。

スキップフロアを作るなど、室内に段差を設けて圧迫感をなくすのもおすすめです。また、階段下などに収納を設けるなどスペースを無駄なく使うことも大切なポイントといえます。

都市型住宅の採光や通風はどう確保する?

住宅密集地では隣家がすぐそばに建っていることも多く、窓から室内に光を採り入れるのが難しいケースも多いもの。明るく風通しのよい注文住宅を作るためには、上部から光や空気を採り入れるのが最適です。

家の一部を吹き抜けにしたり、天窓や中庭を設けたりといった工夫で、過ごしやすい住まい作りを実現してみましょう。

話題の「都市型住宅」とはどんなもの? 建てる際のポイントをチェック

都市型住宅とは、都市部ならではの事情に合わせて作られる住宅のことをいいます。せっかく利便性が高い都市部に注文住宅を建てるのなら、少しでも過ごしやすい理想的な住まいにしたいものですよね。

狭小な土地であっても工夫次第で快適な住宅に仕上げることは十分可能です。理想の暮らしを実現するためにも、ぜひ都市型住宅を数多く手掛けているフォーコンセプトにご相談ください。

月別コラム

ページ上部へ戻る