住宅を建てるなら取り入れたい間接照明のポイント! | forconcept - フォーコンセプト朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

住宅を建てるなら取り入れたい間接照明のポイント!

2021年1月8日カテゴリ:


 

やわらかな光でお部屋をやさしく照らしてくれる間接照明。住宅を建てる際に間接照明をうまく取り入れると、雰囲気たっぷりのお部屋にすることができます。
ここでは間接照明とはどのようなものかをご説明するとともに、間接照明の取り入れ方のポイントについてもご紹介します。

 

間接照明とはどのようなもの?

間接照明は、天井や壁、家具などに反射・拡散させた光を用いて空間を明るくする照明のことを指します。照明の光源が直接見えないようにしつつ、やわらかな光のグラデーションを楽しめるように計算して設置をするのが一般的です。

間接照明を導入するメリットとしては、光の色と強弱のニュアンスによって美しい空間づくりができるという点です。壁や天井を照らすことで光がグラデーション状に拡散し、ほんのりと空間を照らしてくれます。また、光源が直接見えないため、まぶしくて不快になることもありません。
点ではなく「面」で明るくすることができるため、照明の位置や照らす場所のアイデア次第では、ぐっとおしゃれな空間にすることもできます。

住宅に間接照明を取り入れるポイント

住宅づくりで間接照明を取り入れる場合、いくつかのポイントを押さえておくことでより素敵な空間を生み出すことができます。

「コーブ照明」「コーニス照明」を活用する

コーブ照明とは、折り上げ天井の内側にライン状の照明器具を設置して天井に光を当てるというものです。天井全体に光の面が生まれることで、部屋全体を自然に明るくしてくれる効果があります。また、天井に奥行きが生まれるため、開放感のある空間づくりが叶う効果もあるのです。

コーブ照明はやさしい光がリラックス効果を生み、ゆったりと過ごせる空間を生み出せます。寝室やリビング、ダイニングなどにもおすすめです。コーブ照明の設置をお考えの方は、注文住宅の設計時に相談してみるとよいでしょう。

天井に光を当てる「コーブ照明」に対し、壁面に光を当てて間接的に部屋を照らす照明を「コーニス照明」といいます。たとえばインテリアを美しく見せたいときやアクセントウォールを照らしたい場合、このコーニス照明を活用することでやわらかで雰囲気のある空間が作り出せます。

そのほか、壁を照らす間接照明にはブラケット照明やダウンライト、フロアライトなどの種類があります。照らしたい場所に合わせてベストなものを選んでみましょう。

内装に合わせて間接照明の明るさを変える

天井や壁を照らす間接照明は室内の内装の色味によって明るさの感じ方が変化します。淡い色の内装であれば明るく感じやすいため、設置する照明の明るさも控えめにするとちょうどよくなります。一方、内装に濃い色を使っている場合は、強めの光源で照らすことで十分な明るさを確保できます。照明の色味と合わせて、ちょうどいい光の強さが出せるように考えてみましょう。

間接照明の配置を考える

間接照明は天井や壁などの何もない場所や、際立たせたいインテリアを照らすことで品のよい雰囲気を生み出します。しかし、照らす先にエアコンや換気口などがあると、余計な影を作ってしまうことも。コーブ照明やコーニス照明を設置する場合は、照らす先に余計なものを置かないことを意識しましょう。

間接照明でおしゃれな部屋にしよう!

 

照明は明るさを確保するだけではなく、お部屋の雰囲気作りにも重要な役割を果たしています。直接型の照明だけではなく、間接照明をうまく活用することで、おしゃれでリラックスできる雰囲気の空間が生まれます。注文住宅を建てる際は、ぜひ「明かり」にもこだわってみましょう。

月別コラム

ページ上部へ戻る