どれを選ぶべき? 換気システムの種類について | forconcept - フォーコンセプト朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

どれを選ぶべき? 換気システムの種類について

2021年1月29日カテゴリ:


どれを選ぶべき? 換気システムの種類について

 

住宅内には、外気を取り込んで室内の空気を外へ逃がす「24時間換気システム」が取り付けられ、空気を循環させています。そんな換気システムには、いくつかの種類があるのをご存じでしょうか?
本記事では換気システムの種類やメリット・デメリットをご紹介します。あらかじめ知識として身に着けておき、住宅づくりに役立てましょう。

換気システムにはどのような種類がある?

日本の住宅建築技術は年々進化を遂げていますが、そのぶん建物の気密性が上がり、換気をしないと湿気がこもりやすい性質があります。そのため、2003年からは「24時間換気システム」の設置が義務化されています。

換気システムは室内の空気を循環させることを目的として設置されていて、常につけっぱなしにしないと効果がありません。そのため、キッチンなどの空気を短時間で入れ替える「換気扇」とは目的が異なります。
24時間型の換気システムには、大きく分けて次の3種類があります。

第1種換気

給気と排気の両方で、換気扇等の機械式換気を備える方式を「第1種換気」といいます。第1種換気は壁や天井などに機械換気を設け、空気の流れを生み出す仕組みです。

第2種換気

第2種換気は、給気側のみに機械換気を設置し、建物内の空気圧を増して自然排気する方式です。
通常住宅ではほとんど導入されず、大型施設などで利用されるケースが多くみられます。

第3種換気

給気は自然換気でおこない、排気側に機械換気システムを設ける方式が第3種換気です。住宅内では浴室、トイレなどで利用されており、室内の空気を外へ強制的に排気するため、空気圧はマイナスになります。

それぞれの換気システムのメリット・デメリットは?

換気システムの種類が分かったところで、それぞれのメリット・デメリットについてもみていきましょう。ここでは主に住宅へ用いられている「第1種換気」「第3種換気」のメリット・デメリットを解説します。

第1種換気のメリット・デメリット

給気と排気の両方を機械で換気する第1種換気は、窓の開閉による影響を受けにくく、気密性が低い住宅であってもしっかりと換気ができるのがメリットです。また、換気ユニットやダクトを設けることで、それぞれの部屋を確実に換気可能なのも大きな利点だといえます。さらには「熱交換式換気扇」を使用することで、冬でも室温を一定に保ちながら換気をすることができます。

一方、第1種換気の設置にはコストがかかるのがデメリットです。特に換気ユニットとダクトを配置する場合、さらにコストが必要になります。また、換気フィルターの交換やダクト清掃などのコストがかかることにも留意が必要です。

第3種換気のメリット・デメリット

第3種換気は排気口にのみ機械換気を設置するため、低コストで設置できるというメリットがあります。第1種換気に比べると電気代も安く済むでしょう。 また、室内の空気が排気され続けることで、湿気が溜まりにくくなる効果もあります。
一方デメリットとしては、「気密性が低い家においては各部屋の換気が不十分になりやすい」という点が挙げられます。また、室内の空気が排出されることで、外気温の影響を受けやすくなるのも第3種換気の特徴です。

ニーズに応じた換気システムを活用しよう!

住宅の換気システムを選ぶ際は、コストと換気効果のバランスを考慮することが大切です。「コストよりも換気効果を高めたい」という方やアレルギー体質のご家族がいらっしゃる場合は第1種を、コスト面を重視したい方は第3種を選ぶとよいでしょう。
また、換気の際の室温変化を抑えたい場合は、熱交換器を用いた第1種換気がおすすめです。
注文住宅を建てる際には、専門家に相談しながらベストな換気システムを選んでみましょう。

月別コラム

ページ上部へ戻る