後悔しないための土地選びのポイント | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

後悔しないための土地選びのポイント

2017年11月29日 カテゴリ:


土地を選ぶ際に知っておくべき! 後悔しないための土地選びのポイント

注文住宅を建てて理想的な暮らしを実現するためには、土地選びから注意しなければいけません。
土地選びは、周辺の環境や将来どのようになるのかについても考慮する必要があります。
ここでは土地選びで失敗しないポイントをご紹介します。

土地の地盤をチェック

土地選びで必要なものの1つに、地盤チェックがあります。
これまでに、地盤沈下があった土地かどうか、低地などで地盤が軟弱になっていないかなどをチェックしましょう。
確認するには、自治体が提供している防災マップがおすすめです。
台風や大雨、津波、高潮などといった被害が想定される地域が、分かりやすくマッピングされています。
しかし、防災マップだけでは、実際に検討している土地の状態を把握することは難しいでしょう。ご自身である程度チェックしたうえで、建築士などの専門家に問い合わせることをおすすめします。

土地の全方位をチェックする

土地自体は良いところでも、隣接する建物の影響で風通しが悪かったり、日当たりが悪かったりするなどの悪影響が考えられます。
また、家の希望がある場合は、その希望に適した土地かどうかも確認しましょう。
例えば「南向きにバルコニーが欲しい」という場合は、日中の日当たりが良好かどうか、周囲の家のベランダと向かい合わせにならないかなど、イメージしましょう。

周辺環境をチェックする

家の周りをチェックしたら、街の環境を確認しましょう。
もともと住宅街があり、そこで売り出されている土地と、新たに宅地が造成された街そのものが新しい土地とで大きく雰囲気が異なります。
また、地域によっても高齢者の多いところや、若い世代が多いところなどさまざまです。
希望する地域にはどんな住環境があるか確認しましょう。
以下にポイントを紹介します。

・通勤通学の利便性

駅までの距離や、駅までにどんなお店があり、どんな人がいるか、自宅と駅を結ぶバスは日に何本あるかなどをチェックしましょう。
子どもがいるご家庭の場合は学校までの距離も気をつけなければいけません。

・商業施設

食品や生活用品など日常的な買い物ができるスーパーやショッピングセンターが近くにあるかを確認しましょう。駅から自宅までの間にスーパーがあると、仕事帰りにも便利です。

・病院や郵便局

日常的には利用していなくても、いざというときに近くにあると便利です。
特に、区役所などの自治体や、子どもが利用するような図書館、趣味やサークル活動で使われる体育館や公民館などの公共施設も近場(自転車で行ける範囲)にあると便利です。

法規制や特殊条件をチェックする

土地を選ぶ際に知っておくべき! 後悔しないための土地選びのポイント

・用途地域

都市計画法に基づき、地域ごとに道路整備や都市整備が行われています。
そこで、知っておきたいのが用途地域です。用途地域の種別によって建てられる建物やその建ぺい率・容積率などが異なるため、注意が必要です。
建築士や工務店などに確認して、想定している土地がどんな用途地域なのか確認しましょう。

・セットバック

都市計画区域内では、家に接している道路の幅員が4m未満の場合、道路の中心線から2mのスペースを確保しなければいけません。このため、土地だけ見に行ったときよりも狭くなることがあります。
土地だけでなく、面している道路の確認も重要です。

購入する土地を決める際は、現在の状況はもちろんのこと将来どうなるかという点にも注意しましょう。今後、再開発が行われて車通りが多くなったり、近所に高いビルが建てられるかもしれません。
土地を購入する際は、さまざまなケースを考慮し、専門家に相談しながら土地を選びましょう。

ページ上部へ戻る