知っておきたい住宅ローン申し込みの流れ | 朝霞市・志木市・新座市・和光市・練馬区・板橋区等の注文住宅

家づくりお役立ちコラム

知っておきたい住宅ローン申し込みの流れ

2018年1月31日 カテゴリ:


注文住宅購入前に知っておきたい住宅ローン申し込みの流れ

注文住宅の建築は高額な費用が発生する買い物ですので、住宅ローンを組む方も多いでしょう。
住宅ローンというのは事前審査や本審査と段階を踏んで組んでいくことになり、かなり手間がかかるものです。
新居のことについてあれこれ考えている最中にローンについても一緒に考えなければならないので、初めて注文住宅を建築するという方にとっては、ローンについてまで考えられない、と思ってしまう人もいるかもしれません。
しかし、ローンを組めなければ住宅建築自体が頓挫してしまう可能性がありますので、住宅ローン申し込みの流れをしっかり把握しておきましょう。
ここでは住宅ローンの申し込みの流れをご紹介します。

住宅ローン申し込みの流れ

住宅ローンは一般的に購入・建築する住宅を抵当にして融資されます。注文住宅の場合は、申し込みの段階ではまだ家が建っていない状況ですので、建物の建築確認がおりた時点で本審査がおこなわれ、審査に通ることで融資を受けられるようになります(ただし、選んだ金融会社が住宅の完成まで融資をしてくれない場合もあり、その場合は工事の進捗に合わせて建築費用を支払わなければならないため、つなぎ融資をする必要があります)。
住宅ローンの申し込みからローン開始までの流れを、住宅建築の流れと一緒に見ていきましょう。

1. 建築会社を探し、見積もりを出す
2. 見積書が出たら住宅ローンの事前審査申し込み、事前審査(仮審査)を受ける
3. 事前審査を受けながら、建築請負契約、建築確認手続きを行う
4. 契約書と建築確認済証を持って、住宅ローンの正式申し込みをおこない、本審査を受ける
5. 工事の着工準備が進んでいる間にローン契約し、ローンが実行される
6. 着工、上棟、工事完了

住宅ローンは事前審査と本審査の2回の審査がおこなわれる

注文住宅購入前に知っておきたい住宅ローン申し込みの流れ

住宅ローンは高額な融資を受けることになるので、当然金融会社側も返済が滞るリスクを回避するため、慎重に審査をおこないます。
事前審査にかかる期間は3~4日(営業日)。住宅ローンの事前審査申し込みをすると審査が始まり、購入・建築する物件の価格や申し込んだ人の収入、職業などが自己申告により審査されます。金融会社によっては源泉徴収票など、収入の確認ができる資料の提出を求められることもあるので準備しておきましょう。
事前審査に通ったら、正式な申し込みをおこない、本審査を受けます。本審査は一般的に1週間程度かかります。本審査では事前審査よりも詳細なチェックが行われ、この際、さまざま書類を提出しなければいけません。
物件に関しては、建築に関する契約書や建築確認済証、重要事項説明書、登記事項証明書等が必要になります。また、収入に関する源泉徴収票、住民税の課税証明書、印鑑証明書、住民票等の必要書類も多くあるので事前に準備しておきましょう。

住宅ローンの申請には、準備しなければならないものが多く、手間もかかるものですが、融資を受けられなければ注文住宅の建築も難しくなります。ハウスメーカー・工務店の担当者にアドバイスを受けながら、しっかり抜かりなく準備しておくようにしましょう。

月別コラム

ページ上部へ戻る